このページの本文へ

超高感度カメラで撮影した映像をAIで鮮明化するソフトウエアを発売闇夜や遠方などの厳しい環境下でも視認性を向上し高度監視に貢献

2023年10月2日

キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社



キヤノンは、超高感度カメラシリーズ※1向けのソフトウエアとして、AIを活用したノイズ低減処理などを行い、映像の視認性向上を実現する“映像鮮明化ソフトウエア Version 1.0”を、2024年1月下旬に発売します。

本ソフトウエアが対応する超高感度カメラシリーズ
(左からME20F-SH/ME20F-SHN/ML-105 EF/MS-500)
ノイズ低減処理前後の実写画像
(撮影時照度:0.1lux、使用カメラ:MS-500)

港湾や公共インフラ施設、国境付近など、極めてセキュリティレベルが高いエリアでは、昼夜を問わず正確に対象を捉える高度な監視システムが求められます。こうした中、夜間監視や遠方監視においては、暗所特有のノイズやかすみの影響による鮮明度の低下が原因で、異常の見逃しリスクが高まるといった課題があります。キヤノンは、このような厳しい環境下での撮影に対応した超高感度カメラシリーズのラインアップを強化しています。

新製品は、これらのカメラで撮影した映像に対して、AIを活用したノイズ低減処理を行うなど、さらなる映像の鮮明化を可能にするソフトウエアです。視認性を向上した質の高い映像による監視を実現し、異常時の迅速な状況把握に貢献します。キヤノンは、今後も超高感度カメラシリーズと組み合わせた高度監視ソリューションの強化・拡大を図っていきます。

おもな特長

独自のディープラーニング画像処理技術で高精度かつ高速なノイズ低減処理を実現

自社開発したイメージセンサーや光学系の特性、さらにはカメラメーカーとして蓄積してきた膨大な画像データベースと画像処理の知見をもとに、独自開発したディープラーニング画像処理技術を採用しています。この技術を用いて、超高感度カメラシリーズが持つノイズ特性を学習させたことにより、カメラ単体では避けられない低照度環境下などで発生するノイズに対して、さらなる低減処理を行うことが可能です。また、ディープラーニングモデルの軽量化を図り、学習によって蓄積されたモデルデータの精度の維持と演算処理の高速化を両立しています。

このような独自の技術により、高精度で高速なノイズ低減処理を実現し、被写体の情報をより正確に、かつリアルタイムに把握することができます。

  • ※1
    ME20F-SH(2015年12月発売)、ME20F-SHN(2018年2月発売)、ML-105 EF(2021年4月発売)、MS-500(2023年8月発売)

提供価格・発売予定日

製品名
映像鮮明化ソフトウエア Version 1.0
希望小売価格
オープン価格
発売日
2024年1月下旬

関連情報

製品紹介ページ
製品の詳しい情報、仕様については、下記からご確認ください。

お問い合わせ

このニュースリリースの内容に関して、以下の窓口にて、お問い合わせを承ります。

お客さまからのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 NVS企画部 NVS企画第一課
電話番号:03-6719-9843(直通)
  • 受付時間:平日 9時00分~17時00分(土日祝休日と年末年始弊社休業日は休ませていただきます。)
  • おかけ間違いが大変多くなっております。番号を今一度ご確認の上おかけください。

報道関係者の方からのお問い合わせ先

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 広報部
報道関係者の方からのお問い合わせは、下記リンク先よりお問い合わせください。

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書、その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。

また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。